2017年01月18日

【生活やビジネスできっと役立つ!お金について➀】


新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


いや〜今年はたくさんお年玉を渡しました。年を取ったってことですかね。()

渡す時にいくら入れようかと悩みましたが、結局年齢で決めました。新年からまさかの出費・・・

日本の伝統だから仕方ないですね。やっぱりお金って大切やなってしみじみ感じました。


お年玉もそうですが、日々の生活やビジネスにおいて、お金は必要な道具です。

私達はその道具を得るために日々働きます。生きるために欠かせない大切な道具なので、上手に使いたいですよね。

ということで『生活やビジネスできっと役立つ!マル得情報』をお届けできたらと思います。


今回のテーマは『配偶者控除』です。

2018年から所得税の配偶者控除などを受けられる年収の上限が、103万円から150万円に上がります。

よく耳にする103万の壁が150万円の壁に変わるということです。多くのパートさんは働き方が変わりますね!

と、言いたいところですが注意です。

今回の変更は、配偶者控除ではなく配偶者特別控除です。

103万円を越えると配偶者控除から配偶者特別控除に名称が変わります。

2017年までは、配偶者特別控除が適用される収入の上限は141万円です。

2018年以降は、150万円が上限となります。

例 ()会社員 ()パート

2018年に配偶者特別控除の年収制限を引き上げる


配偶者控除改正.png


現在はパート主婦の年収が103万円までだと、夫は38万円の配偶者控除を受けられます。

これを超えた時に配偶者特別控除として、原則150万円まで38万円が控除されます。

さらにそれを超えると、夫の税負担が少しずつ増えていきます。

こんな仕組みです。

妻は同じ条件で収入を増やすことができます!家庭の収入が増えてハッピー!なんて・・・

ここで、もう一つの壁があることに注意です。

『社会保険料』ですよね。妻の年収が130万円以上なら夫の扶養を外れます。

厚生年金や健康保険に加入すると保険料負担で世帯手取りは、グンと減るので103万円の壁より130万円の壁の方がよっぽど影響が大きいです。

じゃあどれだけ収入を稼げば得をするのか?ということが気になりますよね。

家庭の収入にもよりますが、約160万円でトントンと言われています。


せっかく働いたのに手取りが変わらないって不公平ですやん・・・

もちろん、社会保険に加入すると言うことは、年金が将来受け取れるということになります。

良い悪いではなく、ご自身に適した働き方をすることをおすすめします。


目指せ!お金のやりくり名人!


posted by ライフデザイン STAFF at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月22日

ありがとうございました。

廣谷です。
毎日寒いですが、体調等崩されていませんか?
インフルやノロウイルスが流行だとニュースでは
騒がれていますが私の周りは全くおらず、元気に過ごしています。

入社して5年2か月、年末をもって退職することになりました。
ブログを読んで下さった皆様、ご契約者の皆様
今まで本当にありがとうございました。

保険会社のスタッフとして10年勤めた後に
ライフデザインでお世話になりました。
入社当初は自分が役立つのか、何ができるのかとても不安な
毎日でしたが徐々に慣れ、まだ退職の実感がありません。

ただ後任にまだまだ経験は浅いですがとても前向きで
頑張り屋さんのメンバーが入ってくれたので安心しています。

今まで関わらせていただいたお客様、関係者の皆様
本当にありがとうございました。

皆さまの今後のご活躍をお祈りして最後のご挨拶と
させていただきます。
今後ともライフデザインをどうぞよろしくお願いします。

posted by ライフデザイン STAFF at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月15日

普段の意識

こんにちは。柳生です。

12月に入って街を歩けばイルミネーションが綺麗ですね。
スーパーに行けば年末年始の準備物が並んでいて、何の予定もない私もなぜか
わくわくします。

前振りとは全く関係ないのですが、今日は私のちょっとした意識について書こう
と思います。

結婚して『柳生さんの奥様』出産して『○○君のお母さん』と呼ばれることが多
くなりました。
主にお母さんの方ですが、嬉しい反面、何か『ポカ〜ン』となることもあります。
もちろん主人の前では自慢の嫁さん、子供にとっての大好きなママでいたいのは
確かです。
でもその一方、大袈裟ですが私は私を諦めたくないと思っています。

職場では仕事モード、友達の前では学生時代と変わらないふざけた私、慕ってく
れている後輩に会えばお化粧品やお洒落の話で盛り上がる。

その場所、その時一緒にいる人にとって、出来たら最高の存在でありたい。

私は私であることを諦めたくない。

良いように言っていますが、悪く言えば母になる覚悟ができてないと思われる方
もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、母親や妻の顔だけに集中した私は、幸せに思ってやっている母親も妻もど
こか億劫になってしまうと思います。

電車に乗った時や、信号待ちでは
「この子あんたが産んだん?」
「お母さんやのにちゃんとスニーカーはいたら?」(そんなにハイヒールとかじゃ
ないですよ。)
「全然オカンらしくないな。」
「ちゃんと子育てできとん?」と言われて何となく嫌な気持ちになります。
私はこの子のお母さんだけど、周りに良いお母さんを装って生きてるわけじゃな
い!と思ってしまいます。
お化粧品売り場やお洋服のショップで
「全然ママに見えない。」は誉め言葉に聞こえるのになぜでしょうね。

全部完璧にはいかなくても、子供が楽しそうに笑って遊んでくれると幸せです。
主人が今日もおいしいとご飯を食べてくれると幸せです。
職場で新しい事を学んだり、友達と大声で笑っていると、後輩にお洒落について
「真似したい」と言われると、とても嬉しいです。

毎日大変なこともありますが、全部捨てられない幸せです。

これは正解ではないかもしれません。
私はきっと欲張りなんですね。

でも家事や育児を理由に、他をおろそかにしたくないと思っていますし、
逆に仕事や遊びに集中してるから、子供に手をかけてあげられなかったり、お家
が汚いのも嫌です。

『私は私であることを諦めたくない。』は
しんどくても、全部一生懸命できるところまでやりたいという、私の私自身に対
するわがままを通す為の、カッコイイ言い訳かもしれません。

今はとりあえず何事にも全力で取り組むのみです。

まだまだ入社して日の浅い私ですが、きちんとした自己紹介もできていなかった
ので、少しだけ私について書いてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

posted by ライフデザイン STAFF at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月07日

痛くなくても歯医者さんにいきましょう!

奥野です。

実は2週間ほど前から奥歯が痛くて参ってるんですたらーっ(汗)


子供の頃から虫歯がなかったことで「歯医者さんは歯が痛くなった時にいく

病院」と思って育ちました。


20代に「親知らず」を抜歯するのに歯医者さんに行った以外は行くことも

なく40代を迎えました。

友人から「歯石取り」を教えてもらって40代になって初めて歯医者さん

に行ったところ、随分歯石が付いていること、実は歯茎が腫れていること

を知らされてビックリしました。歯周病とのことでした。


歯は今より良くならないらしく、悪化を少しでも遅らせるため、

今では毎月1回メンテナンスに通っています。

それで今まで特段不都合がなかった歯に、ついに痛みが出始めましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)



 images2.jpg




「歯周病」は中高年の50%以上が罹患していると言われています。

歯を失ってからでは手遅れです。

是非、ご自分の歯の現状を確認するため歯医者さんに行かれることを強く

オススメしますexclamation


検査を受けていなかったことを振り返り、つくづく保険(保障)と似てるなぁと

思いました。

自分では大丈夫と思っていたのに、(事故や災害、病気にあって)確認したら、

大丈夫な内容でなかったとか、実は入ってなくて困られたという方が結構おられます。


「歯の検査」と併せて「保険(保障)の総点検」も強くオススメしますexclamation

「歯の検査」は歯医者さんへ、「保険の点検」はライフデザインへ。


あなたやご家族のご安心のためにお早めに確認されてください



imgres1.png

posted by ライフデザイン STAFF at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野のつぶやき

2016年11月18日

【そもそも保険とは】

柳川です。

保険の業務に携わって約1年、色々な出来事がありました。。。


そもそも保険とは・・・

入社する前は、あまり必要じゃないと思っていました。

いたって健康。病気になる気がしない。まだ独身。死ぬのも先やろ。提案するなんてもってのほか。

保険のお姉さん(生保レディ?)から何度か提案を受けて、いやいや無理矢理やんとか・・・

そう思っていたのが本音です。


しかし、実際業務に携わり保険の本質を知っていくにつれて、人生でとても大切やし必要やと感じるようになりました。

人生っていつ?なにが?起こるかわからない。


先日、ケガや病気で手術をして初めて気付く私。

大きな病気をしたら新たに保険に加入できにくくなることも知りました。


そうは言っても「病気にならへんし・・・」「まだまだ死なへんし・・・」「保険料ムダやし・・・」ではなく

そうなった時に・・・

・誰に迷惑がかかるのか?

・誰が自分の代わりをするのか?

・誰のために保険に加入するのか?

その起こったときの自分や家族の状態を想像すると、大切なことが見えてくると思います。

そんな時に保険で家族を経済的にカバーできることもあるかと思います。

保険は保障を買うということ、その状態をいかに想像できるか。これが究極のリスク管理です。


あの時、保険に入っておけばよかった。」ではなく

保険に入っていたけど、何もなくて良かった!」と思えるように、今一度考えてみてはいかがでしょうか?。。



fpやなちゃん1.jpg

ファイナンシャルプランナー 柳川郁弥

posted by ライフデザイン STAFF at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記