2016年02月24日

仕事のスタイルが生き方そのもの


■できること、好きなこと


できること、好きなこと。就職活動中の学生さんに問いかけることがあります。

「できること」と「好きなこと」の両方に当てはまることを仕事にすると、やりがいを感じるし収入にも繋がりますよね。





Screen-Shot-2014-04-03-at-18.59.58-1.jpg


最近よく、ライスワークライクワークライフラークという言葉を耳にします。


ライスワーク

「ご飯のための仕事」です。やりたいかやりたくないかより、お金を稼ぐためにとりあえず仕事をするというスタイル。「安定した仕事に就きたい」場合はこの道を選びます。私にはこの選択肢はありません。


ライクワーク

「得意なことが仕事」です。作業効率やスキル面で秀でているため、組織から重宝される人になります。昇進のチャンスも多いかもしれませんね。ライクワーク」を仕事にしたい!と思います。ただ同時に、それはもう私にとっては「ライク」ではなくなってしまいます。経営者なら大切にしたい考えではありますが、仕事と趣味とは線引きをしておきたいです。


ライフワーク

「命の仕事」です。人はそれぞれにライフワークを身につけているため、自分なりの方法を確認し、周りの人と分かち合うことができれば、自分も他人も幸せになれます。大きく稼ぐというより安定した収入を望むため、リスクが少ない分稼げる金額も少なくなりがちです。ライフワーク」は人それぞれの役割、生き方が仕事になっているってことですね。


どれを選択するかは自由。そして、どれを選択しているかが私たちの生き方そのものと言えます。私は「命(=ライフ)」を大切に人生を楽しみたいと思います。


■何をもって幸せとするか


誰しも幸せな人生を送りたいものです。


個人として幸せな人生とは何か?

・自分の成長

・家族の生きがい

・食べること、旅行、買い物


堅実な経営のために必要なこととは何か?

経営者としての幸せな人生とは何か?

・周辺のことにどれだけアンテナが立つか。

・どれだけ鋭敏な感度を持ち合わせているか。

・何にどれだけ投資(支出しているか)。将来に向けた適切な内容か。


いずれにしても自分自身のことを大切にすることが最も重要です。

・使命感と価値観、理念と照らし合わせて、生きる(経営する)ことを大切にしているか。

そうあってこそ周囲を大切にすることができます。


経営のことを改めて考える時期になりました。決算時、そして確定申告時には“生き方”を確認しておきたいものです。


(育ち続ける健康なお金の専門家・酒井)

posted by ライフデザイン STAFF at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井のつぶやき

2015年12月22日

大切にしているものが何の役にも立たない瞬間

酒井です。先日、こんな体験をしました。


•  お店で1万円札を出したら「お釣りがないので、ご購入いただけません」と言われた。

      自動販売機でジュースを買おうとしたら”千円札中止”の表示を見つけた。

      券売機にお札や硬貨を何度入れても、受け付けてくれない。


私たちは、「当然使える」と思って手にしていたお金が使えない場面に出くわすことがあります。このとき、動揺する人もいれば、イラッとする人もいます。もちろん何とも思わない人もいるでしょう。


自動販売機のケースでは、“缶コーヒー90円“の表示に目がとまり、1,000円札を取り出した私。
そのとき、1,000円札1枚と10円硬貨4枚持っていたので、1,000円札を使おうとしたわけです。これって、恐ろしいことですよね。1,000円持っているのに、90円のものが買えないんですから。



近くの別の自動販売機には120円の缶コーヒーが売っていて、1,000円札を使えましたがそれを買おうとしない私。これってどういうことでしょうか。私たちは“大切にしているものが何の役にも立たない瞬間”に遭遇すると、大きな精神的なダメージを受けるのです。
だとすると、どう回避すべきなのか。

12189929_904108886340116_591391373358895415_n.jpg

  • 使いたいときに使える”お金を用意しておきましょう!

多少の小銭は用意しておく。バスやタクシーなどの乗り物に乗車する場合、1万円札だけを持つなってことのないようにするなど、ちょっとした事前準備です。

こうした心構え、用意をしておくと

  • お金に動かされる””振り回されるのではなく、”お金を操る”ことができます

その時々で最も大切なお金は、必ずしも額面ではないということ、ぜひ知っておきたいですね。


(育ち続ける健康なお金の専門家・酒井)

posted by ライフデザイン STAFF at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井のつぶやき

2015年11月04日

情報に対する感度

酒井です。


ライフデザインで保険業務に携わる傍ら、セミナー活動も行っています。いま私が大切にしているコンテンツのひとつに「情報感度の鍛え方」があります。情報源は日本経済新聞です。これまでFP(ファイナンシャルプランナー)向けの勉強会や、LDAライフデザインアカデミー)でセミナーを開催してきましたが、今年からは大学での講座も開始しました。

情報って何でしょうね?
情報源がはっきりしない場合、それは情報ではなく噂に過ぎません。数値に関する記載(いつ?いくら?など)情報が不明の場合、単なる憶測としか言えません。それを聞いて「どう対処したら良いのか?」が判断できない場合、“つぶやきかも知れませんね。


感度ってどういうことでしょうか?
あなたにとって大切な情報とは何か?誰に伝えるために仕入れているのか?それを知ってどう動くのか?いずれにせよ、行動レベルに移せるような仕入れ方をしているかが大切ですよね。

そういったことを意識しながら新聞を読んでいると、「情報を記載している新聞」と「噂話が多い新聞」とがあることに気づきます。さらに、「感度が磨ける新聞」と「何が言いたいのか分からない新聞」とがあることにも気づきます。

各新聞社の得意分野を知りましょう!
・選挙や政治に強いA新聞社
・社会・事件に強いY新聞社
・スクープ記事の多いM新聞社
・経済記事が中心のN新聞社
・教育に関すること、珍記事が多いS新聞社

IMG_9611.JPG


ご自宅に届く新聞は、どんな特色を持っているのでしょうか。各新聞社は上記の「得意分野」があるだけでなく、それぞれに「思想」や「主張」があるので、1年ごとなど区切りをつけて読み替えてみることをオススメします。自分とは異なった意見を知ることも大切です。


私は、経済情報や保険業界の動向を知りたいので、N新聞を購読していますが、それは
・「情報」が満載である
・「感度」を鍛えられる

からです。そして、同じ記事であっても “他の新聞社はどのように記載しているのか”が気になるため、毎週水曜日には5社購読をしています。これが結構楽しいんですよっ。

IMG_9697.JPG


自分の所属する団体や地域。自分が興味のあるテーマ。そして自分の意見は・・・。


そこを意識しておくと、今ご自身にピッタリ合った新聞社選びができると思います。

posted by ライフデザイン STAFF at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井のつぶやき

2015年09月08日

目的がはっきりしていること

酒井です。


ライフデザインに所属する一方で、コンサル業務をしています。
・要領よく仕事を進めますね
・まとめ方が上手ですね

というお褒めの言葉を頂くことがあります。そして本業(FP)では、

・どこを削ったらお金が溜まりますか?
・家を買う場合、どこに注意したら良いですか?
などの質問を頂きます。

mokuteki.png

答えはひとつです。
「あなたが今、もっとも大切にしていることは何ですか?」

・私が仕事を要領よく進めるのは時間が大切だからです。
・私がまとめ上手なのは、理解する前にまとめることが必要だからです。
・お金を溜めるには、支出を削ることが大切だと思っているのですね。
・あなたが家を購入するときにもっとも重要だと思っているところはどこですか?

あなたが、何のために苦労しているのか。まずは目的を明確にすること。そして、その目的を実現するために大切にしていることを明確にすることから始めましょう。自分を知ることです。

あなたのクセを知ることで、きれいサッパリ削減することができます。明確な目標設定から始めませんか?

それができずに悩んでいる人に出会うと、モヤモヤします。聞きたくなります。
目的は何ですか?

posted by ライフデザイン STAFF at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井のつぶやき

2015年07月16日

若いってイイな!大人ってイイな!

酒井です。


今月初めまで、東京海上日動の新入社員さんが代理店研修に来られました(リンク1リンク2。私が彼に気づかされたことが多く、若いってイイな!って感じました。


・知識を増やしたいんです!資格を取りたいんです!
・どんなことを前もって準備しているんですか?
・どうやってスタッフ同士情報を共有しているんですか?
・酒井さんは、新入社員のとき、どんなこと考えていましたか?
・どうしてサラリーマンをやめたんですか?
・ライフデザインに何か残して行きたいんです。

仕事に対する興味、熱意、そしてこちらがハッとなる質問を素直にぶつけてくる姿が何とも愛おしい(^^)体力もありますし、口調にも芯の強さを感じました。

ところで。オトナって、“大きな人”って書きますよね。

・体が大きくなる
・知識量が増える

・人生経験が豊富
いろいろな意味を含んでいるのでしょう。

しかし、社会人として組織に所属すると“ルール”とか“常識”などという制限を自分に設定してしまうことがあります。「こうでないとイケないんだ・・・」と。それを積み重ねた結果、“気持ちの小さな”あるいは“考えが貧弱な”オトナができあがります。「ちっぽけな存在」と考えたり「視野が狭い」と思ったりしていませんか?

自分の大きさは他人が決めることではありません。自分が決めていることです。制限を設けるのではなく、自分が「こうなりたい!」「こうでありたい!」と逐次目標を設定することで、着実に大きくなれます。資格を取得するのも良いし、経験を積むことでも良いので、「自分の大きさを知り、必要なら高める」そして何より「自分を知る」ことがオトナになるってことだと思ってます。

オトナってイイな!オトナってイイよ!

生きることが楽しくなってきます♪

posted by ライフデザイン STAFF at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井のつぶやき