2015年12月22日

大切にしているものが何の役にも立たない瞬間

酒井です。先日、こんな体験をしました。


•  お店で1万円札を出したら「お釣りがないので、ご購入いただけません」と言われた。

      自動販売機でジュースを買おうとしたら”千円札中止”の表示を見つけた。

      券売機にお札や硬貨を何度入れても、受け付けてくれない。


私たちは、「当然使える」と思って手にしていたお金が使えない場面に出くわすことがあります。このとき、動揺する人もいれば、イラッとする人もいます。もちろん何とも思わない人もいるでしょう。


自動販売機のケースでは、“缶コーヒー90円“の表示に目がとまり、1,000円札を取り出した私。
そのとき、1,000円札1枚と10円硬貨4枚持っていたので、1,000円札を使おうとしたわけです。これって、恐ろしいことですよね。1,000円持っているのに、90円のものが買えないんですから。



近くの別の自動販売機には120円の缶コーヒーが売っていて、1,000円札を使えましたがそれを買おうとしない私。これってどういうことでしょうか。私たちは“大切にしているものが何の役にも立たない瞬間”に遭遇すると、大きな精神的なダメージを受けるのです。
だとすると、どう回避すべきなのか。

12189929_904108886340116_591391373358895415_n.jpg

  • 使いたいときに使える”お金を用意しておきましょう!

多少の小銭は用意しておく。バスやタクシーなどの乗り物に乗車する場合、1万円札だけを持つなってことのないようにするなど、ちょっとした事前準備です。

こうした心構え、用意をしておくと

  • お金に動かされる””振り回されるのではなく、”お金を操る”ことができます

その時々で最も大切なお金は、必ずしも額面ではないということ、ぜひ知っておきたいですね。


(育ち続ける健康なお金の専門家・酒井)

posted by ライフデザイン STAFF at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井のつぶやき

2015年12月16日

志望校・受験校の決定

廣谷です。

12月に入って、寒くなるかと思いきや、変な暖かさですね。
娘をインフルエンザの予防接種で内科病院に連れて行きましたが
先生も今年はインフルエンザの流行が例年より遅いと
おっしゃっていました。

子どもたちの受験をテーマに書いてきたブログは何回目に
なったでしょうか、今回はがっつり書かせていただきます。

前のブログからほぼ1か月半、我が家はピリピリを通り越して
ビリビリ雷した空気が部屋の中に充満しています。

まずは娘の大学受験。
大きな動きがありました。普段の高校での成績をがんばって
上位をとった周りのクラスメイトが指定校推薦や公募制推薦という枠で
合格を勝ち取っていきます。
娘はそこをがんばらなかったために、年を越してからの一般受験です。
合格した友達をみて、だんだん焦りが募ってきます。
そして11月のある日、娘は突然言いました。
「数Vをあきらめる!!」
受験する理系の学部にはほぼ必須の科目である数V。
その科目がいらない理系の学部に絞ると言うのです。
でも、あきらめたことによって、もうダメだ。。と悲愴になっていた
気持ちに、少し余裕が生まれてきたようです。
先日、最終の受験校、学部を絞った娘の顔はずいぶん晴れやかでした。
これから2月の受験本番まで、追い上げが続きます。

高校受験の息子は、この1か月半に受験校選びには大変重要なテストが
立て続けに行われました。
中間テスト、実力テスト、期末テスト、五ツ木の模試。
その成績をもって、私立の受験校を選定していきます。
みんな、気合が入ってきて、平均点も上がります。そんな中で息子は
微妙に成績が落ちていました。
理由を聞くと、「(問題が)難しい」と言います。
そんな中、塾の先生から私だけが呼び出しを受けました。
息子の私立併願の志望校は、家から遠く、通うことを考えると別の学校に
した方がいいのではないかと。
1時間ほど先生と私でいろいろ議論をし、帰って息子に確認。
「絶対に(志望校は)変えへん。」の一点張り。
あくまでも公立高校志望ではありますが、私立も妥協はしたくないと、
私の意見は全く取り合いませんでした。
そこまで強い意志があるなら、がんばってくれるだろうと信じることに
しました。
第一志望の公立校は年明けの選定です。

さあ、この冬休みが2人とも正念場。
私もビリビリした空気に負けずに子どもたちの体調管理をして
いこうと誓いました。
親ってそれしかできないんです。がんばります!

次回のブログでは。。とうとう受験結果が明らかに!
いい報告ができることを信じます。

皆さま、よいお年をお迎えください。
posted by ライフデザイン STAFF at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月09日

持ち場を意識する♪

傳です。

早いものでカレンダーも残り1枚の12月に入り1週間が経ちました。
そして、私がライフデザインに移籍して丸2年が経過しました。
自分にとって、お客様にとって、ライフデザインのメンバーにとって、
ここに合流できたことは良かったと心から思えます。
お客様や知人からも活き活きしているねと、よく言われます。

1年目は慣れるのに必死で、メンバーに迷惑をかけないようにと
何かと緊張していました。
2年目からは、会社における自分の持ち場?のようなことを
意識して仕事をしています。

持ち場の一つに、ウエルカムボードの作成やオフィスのデコレーションなどを
好きにやらせて頂いています。また、キャンペーン担当でもあります。
ウエルカムボード制作はプロのように上手にはできないけれど、社内の雰囲気が
無機質なものではなく、心の通った温かい雰囲気になるように心がけています。
私のデザインが好みではない人もいるかもしれませんが、
今のところ、ブーイングは出ていません(笑)
自分の好きな創造的な手仕事をさせてもらって楽しんでいます。
KIMG5212.JPG
KIMG5210.JPG
1449465451865.jpg

さあ、来年はどんな感じにしようかな???
posted by ライフデザイン STAFF at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月04日

金剛登山50回達成しました!

私が金剛山に初めて登ったのは約20年前、友達の国ちゃんに
誘ってもらった時でした。
「美味しいビール飲みに行こう!」ビール
「阿部野橋駅に朝7:00集合で」電車
「動きやすい服装で来るように」
と言われて、なんで朝?、なんで動きやすい服?、と頭の中が
ハテナのまま集合場所に行ったのを昨日のように思い出します。

家族では息子が幼稚園の頃から金剛山に登り始めて、早いもので
10年近くになります。
10回あまり登った時に、カードを作ってスタンプを集めるとバッジを
もらえる事を知って、息子と一緒にスタンプカードを作りました。
その頃から名前を貼り出してもらえる50回を目標としてきました。

行き帰りや登りながら、最近興味ある事、学校の事、将来の事など、
いろんな事を話しすることや、時には登るタイムを競って楽しんでます。

数年前から家内に「こどもが一緒に遊んでくれるのもあと少しやで」と
言われてました。
実際中学に入って、クラブの試合や練習、学校や塾の試験、「今日は
友達と遊びに行く」と言い出して、一緒に登る日が少なくなっています。

先日私だけ一足先に50回登山を達成して名前を貼り出していただき
ましたexclamation
次は100回を目指します。

息子はあと数回で50回というところまできてますが、あと何回一緒に
登ってくれるのかなぁ…

50回写真.jpg
posted by ライフデザイン STAFF at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥野のつぶやき

2015年12月01日

面倒くさい

森垣です。

『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』という著書を読みました。

私自身はそんなに面倒くさがり屋という認識はなく
読み始めたキッカケは研修でおススメ図書になっていたから何気なく
買った…だけです。

読み進むと、
自分自身がいかに面倒くさいことを放り出したまま
日々生活しているかに気付かされました。

確かに
プライベートや仕事などいろいろな場面で不都合を感じることは
山ほどあります。

例えば、
パソコンのキーボード操作。
ずーーと我流です。(汗)
こうやってブログの原稿を書いている時の操作も
左手は中指と小指だけ、右手に至っては中指のみ!

社会人になって、パソコン社会になって何年が経とうとしているのでしょうか…

著書の中にはキーボード操作をマスターするのにそんなに時間は掛からないのに
それをせずに日々暮らしている人へのアドバイスが書かれています。

今までの
私にとってはそれを習う・体得する事が面倒くさいことだったのです。

お金と時間を掛けてまで…

また
そんな自分がいることに気づきました。

あ〜痛い!

そして
そこそこ出来るし面倒くさいからと時間とお金を
節約していたつもりが、真逆だと思い、
タイピング・ブラインドタッチを目指して取組み始めました!

この著書にはそんな箇条が55項ほどあって
すごく面白く気付きをくれる本です。

世の中の便利な物はほとんど面倒くさがり屋が作ったものだとも書いています。

歩くのが面倒だからエスカレーター、
切符を買って改札を通るのが邪魔くさいから
自動改札…などなど
商業的な理由もあるでしょうが、
物はそんな感覚から生まれているのか…ともシミジミ感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

有限会社ライフデザイン 森垣道生

posted by ライフデザイン STAFF at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記